メロンパンのブログ

オーストラリアでワーホリ中。今の目標は大学に行くことです。メロンパンについては書いていません。

日本人の性質について気がついたこと①【言葉にすることの効力】

こっちに来て気がついた日本人についての性質の一つに、言ったことはやり遂げなければならない風潮があるということがある。

というのも、私自身は言ったことをコロコロ変えたり、ビジョンがぶれることに対して抵抗がある。周りに「この間はこう言っていたのに」「すぐに意思がぶれるんだ、芯のないやつ」と思われるのが嫌なのだ。

結婚を前提にオーストラリアに来た私は元彼と別れた時、ああ、周りに合わせる顔がない、とシンプルに考えて(しまって)いた。今考えると、とてもくだらない。

ところがこっちに来て日本人以外の人と接する機会が増えると、彼らは状況に応じてプランを変更したり、周りの意見ではなく自分のパッションで決断を下すのが本当に上手で、そんなことが当たり前に行われていることに気がついた。

 

私の通っていた学校で計画されていた登山が、何事もなかったかのようにおじゃんになったことがある。(ちなみに私は面倒だったのでなくなって嬉しかった)

「明日は登山じゃないの?」

「あー、忙しいから今週はなし!多分来週行くよ」←結局行ってない

※ちなみに彼はスパニッシュ。

 

あるオージーは、ついこの間まで10月に北海道に行くと言っていたのに。

「今は韓国語を勉強しているんだ」

「日本に行くのはどうなったの?」

「北海道じゃなくて東京に行きたくなったんだけど、どうのこうの(覚えてない)で韓国にしたんだ!」

 

などなど・・・。

外国人と接したことがある人なら感じたことがある人も多いと思う。

 

もちろん、ドタキャンなんかもあるので、計画通りに物事が進まないと割とイライラするタイプの私はストレスを感じることもあるのだけれど、状況に応じて・自分の感情を第一に優先して動くことって日本人に足りない部分だったりするんじゃないのかなって思った。

 

ところで、自分の感情は大事だけど韓国人のドタキャン率は勘弁してほしいですね。